スキャルピング


スキャルピングを行う上で必須の機能は、チャートからそのまま注文や決済を行えることです。メタトレーダーなどでは実装されていますが、業者が提供する取引ツールの場合、チャートからの直接注文に対応していない場合があります。

スキャルピングはリアルタイムでチャートの動きを追う必要があるので、わざわざ画面を切り替えてトレードする必要があると、動きがワンテンポ遅れてしまいます。場合によっては、利益を逃したり損失を拡大させる要因にもなるので、できればワンタッチオーダーが可能なところを選びたいです。


バブル景気の真実について

sdf9i






1980年代後半から1990年代初頭、日本は未曾有の好景気に湧きました。物価は上がり、それに伴って給料も右肩上がりで上昇。誰でも職があり、入ってくるお金は非常に多かった時代でした。物価を気にすることなくモノを買えたため、企業の業績も右肩上がりで上昇し、給料もまた上がっていきました。

あの時代、私はまだ子どもだったので詳しいことはわかりませんでしたが、世の中全体が何か毎日ウキウキし、暖かい空気が渦巻いていたような気はします。あの好景気はなぜあそこまで異常なほど行き渡り、そして継続していたのでしょうか。その理由をはっきり言える人はあまりいません。

そもそも、バブル景気を引き起こしたのは1985年のプラザ合意にあると言われてます。プラザ合意は先進国5カ国で合意をする為替レートに関するもので、ドルの価値をわざと落とし、貿易赤字の解消を狙ったものです。これにより、米ドルは1日で20ドルも円高ドル安になり、ドルの価値は半減し、極端な円高が発生しました。極端な円高は政府を恐れさせます。なぜなら輸出による産業が成り立たなく可能性があるからです。

そのため、日本政府は企業・個人が銀行から低金利でお金を借りることができやすくし、流通そのものを活性化させました。低金利でお金を借りられるということはそれだけ借りる人が増え、株・土地へとお金をつぎ込む人が続出しました。バブルと言えば株や土地のイメージが強いですが、それはこのためです。投機対象となった土地や株の価格は異常な勢いで上昇し、土地は「価格下落は絶対にない」とまで言われるほどの上昇具合を見せました。

企業や人が低金利でお金を借り、それを土地・株に投資することで利益は確実に上がっていきました。それにより会社も儲かり、社員の給料もどんどんアップしていきます。給料が上昇すればそれだけモノを買う人も増え、日本全体の消費量が増えることになります。ちょうど1980年代から90年代初頭に少年時代を過ごした人はファミコンブームがあり、ソフトの価格が非常に高かったのになぜか買えた人もたくさんいました。それは世の中全体が好景気に包まれていたので、親世代の収入も非常に多かったためです。景気の上昇により、さらに消費が増え、モノを買ってくれた企業はまたモノを作り、それをまた買って消費が増えるという行動のループが未曾有の好景気の正体だったのです。