スキャルピング


スキャルピングを行う上で必須の機能は、チャートからそのまま注文や決済を行えることです。メタトレーダーなどでは実装されていますが、業者が提供する取引ツールの場合、チャートからの直接注文に対応していない場合があります。

スキャルピングはリアルタイムでチャートの動きを追う必要があるので、わざわざ画面を切り替えてトレードする必要があると、動きがワンテンポ遅れてしまいます。場合によっては、利益を逃したり損失を拡大させる要因にもなるので、できればワンタッチオーダーが可能なところを選びたいです。


FXは現状ではNISAに対応していません

sdfilo






2014年に利益が税金がかからなくなるNISA制度が始まりました。FXのNISA対応がどうなっているか、まとめておきます。将来はNISAがFXにも対応することを期待しましょう!FXに課せられる税金は、一律で利益額の20.315%です。損害のリスクをかぶって稼いだ利益の約5分の1を持っていかれるのは、納税が国民の義務とはいっても割り切れないものがあります、、、

ちょうどそのとき始まったのがNISAです。NISAは年間100万円までの投資による売却益や配当を非課税とする制度で、いくら儲けても税金がかからないという画期的な制度です。しかし残念。FXはNISAの対象外なんです。現在の対象は上場株式、投資信託、ETF、REITといった証券会社で扱っている商品ばかりです。FXにかかる税金は相変わらず一律20.315%のまま、、

FX業者によってNISAへの対応があったりなかったり、なんてことはなく、FXそのものがNISAに対応していません。でもFXがNISAの対象に含まれる望みを捨てるのはまだ早い! NISAはまだ発足したばかりの新しい制度です。投資家の意見を容れて制度の見直しが検討に入れられています。現在の制度では、NISA口座を別の金融機関に移管するのは最長で4年に1回だけですが、これを1年に1回変えられるようにする動きがあります。

また、年間で100万円までの投資の枠を年間200万円までに増やせないかと検討が加えられています。バイナリーオプションがNISAの対象に加えられることも、、、投資家の要望次第では、、、ないとは言えないのです!個人的にはハイローオーストラリアがはやくNISAに対応してもらいたいと思います。

まだ案としても囁かれていないので、実現の可能性は少ないですけど、議論ぐらいしてほしいものですね。